本文へスキップ

西武新宿線小平駅前の歯科クリニック
グリーンプラザ歯科医院です

院内設備facilities

身体に優しい治療のために

 朝日 DIGITAL PANORAMA
X線撮影装置 Cypher E (+ ADR NEO)
人と環境に優しい機能を持つ新世代のデジタルパノラマX線撮影装置です。
パノラマX線撮影後、ADR NEO(デジタル画像情報ソフトウェア)により、X線画像はリアルタイムにモニターへ表示されます。
これは患者様を待たせることなく即時に診断することが出来るだけではなく、従来のアナログ現像にはつき物な廃液やゴミの問題も解決してくれ、地球温暖化対策にも役立ちます。
更に、アナログ時代に比べ、患者様のX線を浴びる量を従来の1/2位、デンタルと呼ばれる小さいサイズのものは、1/10以下におさえることが出来るようになりました。
リンク→ http://www.asahi-xray.co.jp/



  カボ・ダイアグノデント(光学的う蝕検装置)
過去においては初期の虫歯を、色や探針を使用して判断をしていましたが、ダイアグノデントの出現で過剰治療がなくなりました。
また、判断が困難な、あるいは発見が不可能な初期の歯質変化を早期の段階で認識出来ることになり、早期に予防介入することが可能になりました。
カボ・デンタル・システムズ・ジャパン社のダイアグノデントのホームページ
リンク→https://www.kavo.co.jp/product/kavoproduct/hand_piece/pmtc/diagnodent
DIAGNOdentの学術論文やエビデンスについて
リンク→http://www.kavo.com/Studies/Caries-Diagnostics.aspx?sstr=1
ダイアグノデントの使用により、局所的な最小限の治療を施すことが出来、それが患者様の歯質の保存につながります。
当医院では、日本発売と同時に導入いたしました。

また、日本未発売であったDIAGNOdent penも導入いたしました。
最新のDIAGNOdent penの概要・情報はこちら
リンク→https://www.kavo.com/dental-instruments/diagnodent-pen-small-devices#overview
DIAGNOdent penのイメージビデオはこちら
(ホームページの"Videos "から見るもともできます)
YouTube サイト:KaVo DIAGNOdent pen: Find hidden caries
リンク→https://www.youtube.com/watch?v=4fvFNygphdU



 YDM 探針
(エキスプローラー片頭 ボールポイント)
こんな単純な道具でも使い方を誤ると危険な武器になります。
検査と言えども間違って歯を刺し歯に傷つけないように先端を丸めて使用するか、先端をボールポイント状に仕上げた物を使用しています。
YMDのホームページ
リンク→http://www.ydm.co.jp/
エキスプローラー片頭 ボールポイント
リンク→http://www.ydm.co.jp/
dentists/products/diagnos/01220.html


機器類の選定にあたって

医院を運営する上でもECO製品の使用、ゴミを資源化するために分別しECOに配慮して低炭素社会を実現したいと思います。

当院におきましては、地球温暖化対策のために今までは、紙コップ、滅菌パックなど一度で捨ててしまう歯科用品・機械類をECO対策品に順次変更するなどしています。

例えば、当医院で使用しているレントゲン関係はデジタル化されています。
アナログ時代ではフィルム一枚ごとに包装をされていましが、その必要もなく、購入に際しての運送に関わる液化燃料を削減し、CO2も出ません。さらに使用に際してゴミが出ません。薬液による現像過程がありませんのでそのための電力消費、ゴミや排液も出ません。撮影後の画像はデジタル化のため、フィルムの保存のための袋なども必要がなくなりました。
さらに、デジタル化のため感度が上がり、患者様のエックス線の被曝量が飛躍的に少なくなるというメリットも出ました。

なお、ECO対策をすることで滅菌・消毒を手加減することはありませんので、安心して診療を受けられますよう、ご理解・ご協力をお願いいたします。
歯を削る道具(タービーン)などの金属類は、全てオートクレーブ(高圧蒸気滅菌装置)により滅菌処理を行っております。
なお、オートクレーブの誤作動などのチェックを兼ね、滅菌が完了したかを判定出来るように滅菌完了チェック材で管理もしています。
また、オートクレーブの使用により、金属表面に臭い、シミなどの色の変化、錆びが出やすくりますので、当医院では「SD オートクリーン:SDサンデンタル社 リンク→ http://www.sundental.jp」を採用しました。お茶や柿の成分でもある天然成分のタンニンを含みますので、金属類の黒化や口腔粘膜に触れますと少々味がすることをご了承下さい。

なお、一般企業で行われている温室効果ガス削減の基本となりますクールビズ・ウォームビズ(冷房時の室温を28℃に、暖房時のオフィスの室温を20℃に設定すること)は、患者様が全員健康体とは限らないため28〜25度に設定させていただいております。
リンク→
http://funtoshare.env.go.jp/

グリーンプラザ歯科医院の宣言内容詳細 
リンク→
http://funtoshare.env.go.jp/entry/list/012441_6.html

グリーンプラザ歯科医院では以下の運動も行っています。
リンク→
smart move ロゴECO DRIVER ロゴあかり未来計画ロゴみんなで節電アクション ロゴ